まちだ○ごと大作戦18-20(まちだごと大作戦18-20) あなたの夢をみんなで実現

まちだ○(まる)ごと大作戦18-20とは

 町田市は、2018年2月1日に還暦(市制60周年)を迎えます。その翌年2019年にはラグビーワールドカップ日本大会、2020年には東京2020オリンピック・パラリンピックと世界規模のイベントが続き町田にも多くの方が訪れる機会となります。

 この2018年から2020年までの3ヵ年をチャンスと捉え、市民活動・地域活動を盛り上げて町田の魅力や活力を高める取り組みが「まちだ〇ごと大作戦18-20」です。

実行委員会からのお知らせ

注目の作戦

作戦一覧

あなたの夢をカタチにしませんか? 未来の「まちだ」をつくる提案・アイディアを募集します

大作戦チャレンジ事業とは

 市民・地域団体・企業などが「やってみたい」と考えている夢(=提案)を、賛同してくれる仲間を募り、地域とのつながりを作りながら自ら実現につなげる取り組みが「大作戦チャレンジ事業」です。

応募はどなたでも

 自ら提案の実現に取り組む意欲があれば、町内会・自治会、企業、市民活動団体、ボランティアグループ、学生サークルなど、どなたでも提案可能です。市外の方も応募できます。
 個人でも、提案の趣旨に賛同する仲間を集めて、夢の実現を目指すことができます。

支援

 相談の段階から、情報発信や仲間づくりの機会の提供などのサポートを行います。
 また、条件を満たしたものについては、活動の場の提供や資金の一部助成など、提案の実現に必要な支援を行います。

まちだ○ごと大作戦の応募の流れ

 皆さんからの事前相談やエントリーシート(提案の応募)を随時受け付け、そこから提案の実現に向けた打ち合わせを行っていきます。まずは、お気軽にご相談下さい。

※判定・評価は4月、7月、10月、1月に予定してます
※2020年12月末までに実施される取り組みであることが条件です。

①事前相談 まずは気軽に事務局へ相談を ②エントリー 提案を公開し、賛同者や協力者を募ります ③打ち合わせ 仲間や関係者と提案を練りあげていきます ④企画書提出 提案をまとめあげ、事務局へ ※最終提出 2020年9月末 ⑤判定・評価 3ヵ月毎に実行委員会で実施します ⑥実施

まちだ○ごと大作戦をオール町田で支えます

 オール町田体制の「まちだ○ごと大作戦実行委員会」で、みなさんの提案を支えるとともに、提案内容がコンセプトに合致しているかなどを判定・評価します。

町田商工会議所、 町田市町内会・自治会連合会、 町田市商店会連合会、 町田法人会、 町田市農業協同組合、 町田市中心市街地活性化協議会、 町田市観光コンベンション協会、 町田・相模原経済同友会、 町田青年会議所、 町田市体育協会、 町田市文化・国際交流財団、 町田市文化協会、 町田市社会福祉協議会、 町田市青少年健全育成地区委員会連絡協議会、 町田市学長懇談会(桜美林大学、玉川大学)、 相模原・町田大学地域コンソーシアム、 まちだNPO法人連合会、 ジェイコムイースト町田・川崎局、 東日本旅客鉄道、 小田急電鉄、 東京急行電鉄、 京王電鉄、 神奈川中央交通、 小田急バス

まちだ○ごと大作戦の目的

市民主体で、地域とつながりながら進めます

 市民・地域団体・企業などが、自ら「やってみたい夢」の実現に向けた取り組みを、賛同者の知恵や応援を得て、地域の結びつきをより強めながら実施します。そして次の世代に引き継がれる「新しい価値」を創り出すとともに、市民活動・地域活動を盛りあげていきます。

自ら魅力を創造し、発信します

 市内各地域が「祭り」のように盛りあげる様子を市内外に広く情報発信します。
 それによって市民の市や地域に対する愛着と誇り、市外からの関心と憧れを高め、「住みたいまち」「住み続けたいまち」「訪れたいまち」としての魅力を高めていきます。