文字サイズ:
イベントレポート

町田市地区協議会「自慢大会」地域の活動を報告

 町内会・自治会連合会の地区連合会、民生委員児童委員協議会、青少年健全育成地区委員会の3つの団体を核に、消防団や小・中学校、大学など様々な団体で組織されている地区協議会が、市内9地区で設立されています。その地区協議会が一堂に会し、他地域にも参考にして欲しい自慢の活動を報告する「地区協議会 自慢大会2017年度活動報告〜地域の『いま』ができるまで~」が2018年1月21日、町田市民フォーラムで開かれ、各地区が取り組んでいる、「まちだ○ごと大作戦」の参考となるような活動の報告が行われました。

 最初に、石阪丈一市長が「地区協議会がやっていることをみんなに見てもらう企画ですので、みなさんにめいっぱい取り組みを自慢してもらいたい。それが他の地域のみなさんの参考になる。2018年は町田市ができてから60年、2019年はラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開かれる。2018年1月から『まちだ○ごと大作戦』が始まったが、2020年まで市内外に魅力を発信していく3年にしていきたい。今日をそのスタートとしたい。」とあいさつしました。

石阪丈一町田市長
石阪丈一町田市長

 また、高崎経済大学地域政策学部地域づくり学科教授の櫻井常矢先生が「これからの地域づくりへのヒント」と題して基調講演を行いました。櫻井教授は「地域づくりというと、イベントやお祭りなどの活動の場面をひとくくりにして言っているが、事業活動そのものは地域づくりではない。それまでのプロセスが地域づくりだ。地域課題を見つけ、話し合いを重ねなければ地域づくりはできない」とし、「結果ではなく、課題解決までのプロセスが重要。事業活動を目的とせず、話し合っていろいろな意見が出し合い、それを絞り込んで事業活動にしていく。それで課題解決する。それを評価して次につなげていくことが地域づくり」と話しました。

櫻井常矢先生 (高崎経済大学地域政策学部地域づくり学科教授)
櫻井常矢先生 (高崎経済大学地域政策学部地域づくり学科教授)

 その後、市内9つの地区協議会がそれぞれの活動を”自慢”しました。報告要旨は以下の通り(発表順)。

 南地区 構成団体の事業発表を兼ねて開催した南カフェの経験をもとに、それぞれの団体の強みを生かして、高齢者向けの認知症セミナー、子どもの登校時の一斉見守り、「防災の集い」を開催したことを報告しました。

 原町田地区 40年続いているカレーパーティーを発展させた「ふれあいまつり」を開催。出店やステージなどさまざまな企画を展開し、約30団体が参加・協力したといい、今後は「地域の若者からお年寄りまで参加してもらい、地域の交流を進めていきたい」と報告しました。

 町田第二地区 ワークショップなどで地区全体に共通している課題を、「防災・防犯」「子どもの見守り」「高齢者の見守り」の3つにまとめ、避難所開設訓練や下校時の見守り、認知症について勉強会の開催などに取り組んだと報告しました。

 玉川学園・南大谷地区 地区の住民同士が支え合う訪問サービス「玉ちゃんサービス」の広報活動をはじめとした多くの事業を、地区協議会で支援。今後は「若い転入者も仲間に入れて柔らかいアイデアを取り入れたい」と報告しました。

 木曽地区 地区の歴史をめぐるスタンプラリーを計画。当日はあいにくの雨でしたが、準備の段階で、事故の予防策や、小学校の授業でも神社仏閣めぐりをしていることなどを知り、「それぞれの団体が情報共有することができた」と報告しました。

 忠生地区 構成団体間の情報共有によって、地区の子供たちがさまざまな活動をしていることが分かり、その子供たちの励みになる場として「芸能まつり」を開催、600人が参加しました。また、桜美林大学にも協力してもらい、協議会のロゴマークやチラシを作成したことも報告しました。

 鶴川地区 毎月第3水曜日にポプリホール鶴川で、地域住民の交流を行う「3水スマイルラウンジ」を始めました。関係機関が一堂に集まって情報共有することで、地域に密着した活動ができるようになり、高齢者支援センターと子育て相談室が一緒に事業を行ったことを報告しました。

 小山・小山ヶ丘地区(ONW協議会) 自慢の花壇(コミュニティ花壇)を一定期間一般公開する「オープンガーデン」を開催。各団体の協力で周知を進め、住民や企業の参加を呼びかけ、市内全域に「オープンガーデン」を広めていきたいと報告しました。

 相原地区 地区内で活動している団体を応援することで、地区全体の活性化を図っており、「ガラスフュージング」の事業では、主催している団体が地区協議会と連携・協力するようになったことで、より多くの人が参加できるようになったと報告しました。

◆2月3日 〇ごと大作戦「作戦会議」開催

 2月3日(土)午前9時30分(終了予定午後0時30分)から市庁舎10階で、〇ごと大作戦「作戦会議」を開催します。

 この会議では、「どんな内容が提案できるの?」「提案をどうやって実現につなげるの?」「仲間づくりはどうすればいいの?」など、参加者からの疑問や質問にお答えし、その後、NPO法人市民プロデュースの平田隆之さんを講師に、大作戦がどうすれば盛り上がるか、どんな提案がみんなの共感を得られるか、どんな情報発信をすれば仲間づくりにつながるかなどを話し合いながら交流するワークショップを行います。

 提案をしたい、一緒に取り組む仲間をつくりたい、誰かの取り組みをサポートしたいなど、大作戦に関わりたいと考えている方は、どなたでもご参加いただけます。定員80人(申込み順)で、電話(042-724-5656、午前7時~午後7時)、またはイベント申込みシステム(イベントコード180119A、24時間受付)で1月31日(水)まで受け付けています。

最新記事

アーカイブ