文字サイズ:
 
事業種別
新規

散策de通行手形大作戦 ~何度も訪れたくなる北部丘陵の魅力づくり~

提案者
団体
北部丘陵を故郷にする会

作戦紹介

 町田の魅力ある地域「北部丘陵」で活動する団体同士が連携し、小山田、小野路地域にポイントラリーの要素を取り入れ、四季を感じながら楽しんで歩ける散策コースを拡充します。
 都心から30分、便利な立地で豊かな自然を楽しめる北部丘陵のファンやリピーターを増やし、多くの人の「心の故郷、里山」にすることが目標です。

➡︎散策de通行手形チラシ(PDF 265KB)

日時

2018年11月~

場所

北部丘陵地域(小山田、小野路地域)

求める協力

提案者からのメッセージ

通行手形のイメージ

北部丘陵を散策して、その思い出の品として「通行手形」を持ち帰りませんか!

2019年3月30日から参加型ウォークラリー『散策de通行手形』の取り組みをスタートしました。
この取り組みは、里山歩きで人気のある北部丘陵エリアを何度も歩いてもらい、四季折々で違う顔をみせる同地区の魅力を感じてもらい、何度も訪れたいと思える場所にしたい、ファンを増やしたいという想いから企画したものです。

ラリーのスタートポイントは、小野路の歴史・自然・文化にふれられる拠点施設「小野路宿里山交流館」で、そこで参加申し込み(参加費300円、2回目以降は通行手形を提示で200円)していただくと、木製のキーホルダー型の通行手形、コースマップ、応募用紙をお渡しします。
コースマップに従って小野路・小山田地区のポイントを巡り、応募用紙に訪れた場所にチェックをつけ、小野路宿里山交流館の応募箱に投函していただきます。
参加者の中から、抽選で里山の魅力がつまった景品のプレゼントが当たります。
昨年11月には、第1回目の当選者発表が行われました。その様子はこちら

北部丘陵の散策の記念に、「通行手形」をお土産として持ち帰りませんか!