文字サイズ:
 
事業種別
新規

湧水都市まちだ(町田市湧水マップの作成)

提案者
団体
『くじら山』の緑を考える会

作戦紹介

町田市はもともと湧水が多い地域ですが、水路に蓋がされるなどして、身近に湧水があることを多くの市民が認識しにくい状況になっています。
そこで、市民による湧水の調査を行い、「町田市湧水マップ」を作成することで、足元に流れる身近な湧水の認知度を高め、自然豊かな“ふるさと町田”を認識し、愛着、誇りにつなげていきます。
「町田市には何がある?何が特徴?」と問われた時、「湧水!」と答えられるようにしていきたいと考えています。

日時

2019年8月から

場所

市内全域

求める協力

提案者からのメッセージ

no124_message

スケジュールを延期し、湧水めぐりウォーキングの開催や湧水情報の追加募集をします!



まちだ○ごと大作戦の1年延長を受け、作戦スケジュールを延期し、2021年のマップの完成を目指します。
これまでの市民参加調査で80カ所程度の湧水情報が集まっています。
今秋には現地調査を兼ねた「湧水めぐりウォーキング」を開催予定。
湧水情報も追加で募集しますので、ぜひ情報をお寄せください。
詳しくは当会ホームページをご覧ください。

3月7日(土)に市内の湧水の現地確認調査として本町田周辺で「湧水めぐりウォーキング」を行いました。
寒かったことと、新型コロナウイルスの影響により、参加者は6名と少なめでしたが、「本町田くじら山湧き水公園」から「滝の沢源流公園」までの約3kmのコースで、8カ所の湧水ポイントを確認することができました。
参加者からは、「湧水地が身近にこんなにあってびっくりした」や「新たな発見ができ、有意義だった」などのコメントが寄せられました。
湧水めぐりウォーキングの実施報告はこちら(PDF 675KB)