文字サイズ:
 
事業種別
新規

SLが走っていたまち“あいはら”

提案者
団体
相原にぎわい創生プロジェクト・相原地区連合町内会

作戦紹介

 JR横浜線が明治41年に開通して、今年で111年を迎えます。当時開業した横浜線9駅の中で相原駅が他を圧倒する貨物の出荷量を誇り、SL(蒸気機関車)の石炭台や給水施設を備えた物流の中心地でした。
 この歴史的事実を次世代に確実に伝承して行くことを目的に、かつてSLが走っていたまち“あいはら”を地域住民に知ってもらう取り組みを地域最大のイベント「あいはらふれあいフェスティバル」で行います。
 住民からかつての写真を集めパネル展示を行うとともに、ミニSLを相原中央公園内で走らせ、取り組みへの関心を高めます。

日時

2019年8月から

場所

相原駅周辺地域

求める協力

提案者からのメッセージ

あいはら幼稚園の園児たちに、電動化したミニSLの乗車会をプレゼントしました!

横浜線は1908年9月23日に九つの駅を結ぶ路線として開業し、そのうちの一つが相原駅で、昭和40年代まではSLが走っていました。
地域で埋もれつつあるSLが走っていた歴史を掘り起こしませんか。
そこで、横浜線を走っていたSLやかつての相原駅の写真を募集します。
お持ちの方はお知らせください。

2020年は、不動になっていた蒸気機関のミニSLを譲り受け、電動駆動化にチャレンジし、夏にはゆくのき学園の校庭で試運転を行いました。
そして、地域住民への初のお披露目の場が、あいはら幼稚園でした。
2020年12月16日、青空の下で、全園児を対象に電動化したミニSLの乗車会を開催しました。
法政大学の学生グループ「へりぽーと」が当日の準備・運営に、本物そっくりの通し番号入りの切符(硬券)づくりには桜美林大学の学生が協力をしてくれました。
トンネルあり、踏切ありの1周約130mの短い旅でしたが、園児たちは大喜びしてくれました。