文字サイズ:
 
事業種別
新規

地域の憩いの場“Cafeグランダ”大作戦

提案者
団体
Cafeグランダ実行委員会

作戦紹介

 地域にある有料老人ホーム「グランダ玉川学園」の協力を得て、地域住民の憩いの場「cafeグランダ」をつくります。
 このcafeの運営には、いつも施設を利用させてもらっている「町トレ友の会」が関わり、認知症の入居者にも一緒に働いてもらい、認知症への偏見を減らすことにもつなげていきます。
 地域の人であれば子どもでも高齢者でも、誰でも集える憩いの場をつくり、多世代交流につなげていきます。

日時

2019年11月~

場所

グランダ玉川学園内(南大谷)

求める協力

提案者からのメッセージ

玉川学園の尾根道沿いに地域の憩いの場“cafeグランダ”をオープンします。

高齢化時代、自宅の傍に気軽に集まれるカフェがあると良いと思いませんか。しかもおいしいコーヒーが飲める。
“cafeグランダ”の企画は、有料老人ホーム「グランダ玉川学園」で町トレをしている仲間から「体操の後に気軽にコーヒーが飲める場所があるとイイネ」と言う一言から生まれました。グランダさんも、施設を今まで以上に地域の方に開放して入居者との新しいコミュニケーションの場を作りたいと思っていて、お互いの思惑が一致して“cafeグランダ”が実現に向けて動き出しました。
カフェという自由な雰囲気の中で、支える人と支えられる人という隔たりなくして地域の人たちが自然に集まれる場所をつくります。
地域の人、尾根道を散歩する人、どなたでも寄ってください!