文字サイズ:
お知らせ

認知症の人にやさしい街・玉川学園を目指して 11月16日キックオフ

 玉川学園は、昭和初期に開発された文教地区として歴史ある住宅街ですが、町田市の高齢化率26.7%(2019年1月1日時)を上回る高齢化(30.4%)とともに認知症高齢者の増加も懸念されています。
 そこでデイサービス玉川学園などを運営する桜実会が、隣接するNPO法人と地域住民等の協力を得て、認知症の予防・啓発活動を今後展開していきます。
 この活動のキックオフとして、11月16日(土)に、玉川学園で「オレンジリングの日」と銘うって、取り組みの象徴となるイベントを行います。
 この取り組みをPRするため、プレスリリースを行いました。

認知症の人にやさしい街・玉川学園を目指して
まち・まるごとオレンジ大作戦
11月16日(土) キックオフ

(PDF 878KB)

▶︎関連作戦:まち・まるごとオレンジ大作戦