文字サイズ:
 
事業種別
新規

版画のまち 町田 ―版画の技法を体感しよう―

提案者
団体
町田木版画ファンクラブ

作戦紹介

木版画という技法を体感する事によって、版画美術館で展示されている作品への理解を深めるとともに、日本では数少ない版画専門の美術館があるという町田の特徴をより広く周知し、「町田=版画」というイメージを広めることを目指します。
また、市民の皆さんでオリンピックという一つのテーマで作品を制作する事で、地域の一体感や、1年延期されたオリンピックへの興味・関心を高めることを目指します。

日時

2020年5月1日~

場所

町田市立国際版画美術館アトリエなど

提案者からのメッセージ

「町田木版画ファンクラブ」のロゴ

10月11日(日)シバヒロで少人数のワークショップを開催!事前予約制!

日本では珍しい版画専門の美術館がある町田にいるのだから、版画のこと、もっと知って、体験してみませんか?オリンピックの延期に伴い、オリンピック応援の旗を木版画で作るワークショップは来年に延期となりましたが、そのプレイベントとして10月11日(日)に【「版画の凧揚げ」-シバヒロに凧を飛ばそう】と題した摺り体験のワークショップを開催します。今回は町田の木版画作家、石橋佑一郎さんが作ったカワセミ(町田市の鳥)の版木を使って紙に摺るところから始めます。そして木版画で作った作品を凧にしてシバヒロで飛ばしてみましょう。たくさんのカワセミの凧がシバヒロに飛んだら素敵ですね!

★「版画の凧揚げ」-シバヒロに凧を飛ばそう 開催概要

町田市の鳥「カワセミ」の版木を使った木版画の擦り体験+凧づくり+凧揚げ

町田市の鳥「カワセミ」の版木を使った木版画の擦り体験+凧づくり+凧揚げ

日時:2020年10月11日(日) 10:00~、10:30~、11:00~
対象:小学生~大人
募集人数:15名(5名×3グループ)
講師:石橋佑一郎(木版画作家)
参加費:1,000円 ※当日集めます。
持ち物:汚れてもよい服装、お手拭き
制作所要時間:約45分
※小学4年までは保護者の方の同席をお願いします。
※絵の具を使いますので保護者の方も汚れてもよい服装でお願いします。

予約方法: COMMUNEBASEマチノワの「版画の凧揚げ」予約サイトからお申し込みください。
https://cb-machinowa.com/

※こちらのワークショップは町田市×YADOKARI主催の「アートであそうぼう、シバヒロであそうぼう」の中で開催されます。

*注意事項*
※当日は開始時刻までにお越しください。
※キャンセルの際は必ず予約サイトからご連絡下さい。
※雨天中止です。
※当日は写真および動画撮影が行われる予定です。
イベント終了後にWEB、SNS、YouTubeなどに掲載される場合がありますので、
予めご了承下さい。

【新型コロナ感染予防対策】
当日はソーシャルディスタンスを保ち、アルコールでの手指の消毒、マスクの着用をお願い致します。
また、ワークショップ開始前に非接触タイプの体温計での検温をさせていただきます。(37.5℃以上の場合、参加をお断りする場合があります)

「アートであそうぼう、シバヒロであそうぼう 」チラシ
▶︎「アートであそうぼう、シバヒロであそうぼう 」チラシ(PDF 397KB)

オリンピックの応援旗をつくるワークショップなど詳細は決まり次第、こちらのページや「町田木版画ファンクラブ」のFacebook、インスタでもご案内いたします。
町田木版画ファンクラブでは、新規会員やイベントのお手伝いを募集しています。ご興味のある方、是非お問合わせ下さい。