文字サイズ:
 
事業種別
新規

まちだアートフェスティバル「パリコレッ!芸術祭」(3年目)

提案者
団体
(株)グレースコーポレーション・ジャパン

作戦紹介

 「パリコレッ!芸術祭」は、芸術家の活躍の場を創出し、芸術を通して「まちだの魅力・歴史・文化」を発信し、芸術家をはじめ、地域の個人、学生、団体、企業と手を繋ぎ、幅広い世代が芸術に気軽に触れることの出来る新たな文化発信拠点のひとつを創ることを目的に、2017年にスタートした年に1度の大きな芸術祭です。
 2020年は、オリンピックを見据え、国際的なコンクールやメディアでも注目されている、世界でも勝負できる町田の女性の芸術家2名を起用。世代、ジャンルを越えた共演により、「新たなつながり」「新たな芸術の可能性」を生み、世界へ向け「まちだのアート」「日本文化・伝統」を発信します。

➡︎パリコレッ!芸術祭2020チラシ(PDF 947KB)

日時

2020年10月17日 ~ 2020年11月1日

場所

町田パリオ 4F パリオフィールド

求める協力

提案者からのメッセージ

no206_message

恒例の芸術祭開催!今回は、いま、町田で最も注目すべき二人の女性作家の展覧会です!

2020年も、年に1度のアートの祭典「パリコレッ!芸術祭」を、10月17日(土)~11月1日(日)の日程で開催します!
今回は、いま、町田で最も勢いのあるお二人の女性作家さんに注目しました。
幕末から昭和初期までの布=時代裂(じだいぎれ)だけを使い作品を制作されているキルト作家「つるた聰子さん」、そして、摩訶不思議で色彩豊かな世界観で、主に立体作品を制作している現代美術家の「黒岩まゆさん」の二人展となります。
<布>という共通点だけで、作風もジャンルも全く違うお二人ですが、布を紡ぎ、作り出す作品は、独特かつ、繊細であり、色鮮やかな世界が広がる、見る人を魅了してしまう素晴らしい作品の数々です。
会期中には、作家によるワークショップや解説付きのガイドツアー、桜美林大学の学生と教授の協力による展示作品と音楽との空間コラボレーションなども予定しております。
ぜひ、多くの方にご覧いただきたい展覧会です!お待ちしております。

芸術祭開催に先立ち、「つるた聰子さん」と「黒岩まゆさん」にお話しをお伺いしました。
黒岩さん: http://www.pario-machida.com/topics/machida/8832
つるたさん:http://www.pario-machida.com/topics/machida/8740

➡︎パリコレッ!芸術祭2020チラシ(PDF 947KB)