文字サイズ:
 
事業種別
新規

フードバンクまちだ大作戦

提案者
団体
フードバンクまちだ

作戦紹介

 町田市社会福祉協議会と市内の事業者、ホームタウンチームのFC町田ゼルビアによる市内のつながりでフードバンク事業を行うことで、町田の子どもたちが健やかに成長していくことを支え、誰もが安心して暮らすことができる地域づくりを目指しています。市民や企業、地域活動団体から食品の寄付を募り、社会状況や災害によって、食事に困難を抱えた方々や子ども食堂、無料学習塾や地域住民が集う食堂に食品の提供を行います。

日時

2020年11月1日~2021年12月31日

場所

市内全域

提案者からのメッセージ

フードバンクまちだ大作戦の提案者

「フードバンクまちだ」のネットワークに市内の無印良品2店舗が加わりました!

フードバンクはただ食べ物をお渡しする活動ではありません。食品を寄付していただいた皆さまからのあたたかい想いを困っている方々につなぐ活動でもあります。

「フードバンクまちだ」は、町田の子どもたちが健やかに成長し、将来に希望を抱ける環境をつくっていきたいという想いで、町田市社会福祉協議会が中心となって市内の団体や事業者とつながって2020年10月1日に設置されました。

これまで食品の寄付は、町田市社会福祉協議会地域福祉課(Tel:042-722-4898)及び町田市立室内プール(Tel:042-792-7761)で受け付けていましたが、2021年7月からは無印良品小田急町田と無印良品ルミネ町田が新たに加わり、両店舗の営業時間中に誰でも気軽に食品を持ち込めるようになりました。

無印良品2店舗のフードドライブ窓口
無印良品2店舗のフードドライブ窓口

■フードバンクまちだネットワーク構成団体
町田市社会福祉協議会、フードバンクTAMA、明治安田生命保険相互会社町田支社、(株)協栄、FC町田ゼルビア、(社福)悠々会、鶴川地区協議会、(一社)エコライフ町田、無印良品小田急町田、無印良品ルミネ町田

➡︎フードバンクまちだ取り組みイメージ (まちだ社会福祉だより第216号1⾯)[PDF3.9MB]