文字サイズ:
 
事業種別
新規

鶴川の茅葺き古民家から日本の文化を発信する! (3年目)

提案者
団体
古民家再生LABO

作戦紹介

 鶴川に残る築150年の茅葺き古民家を場として、古き良き日本の文化に触れられる機会を提供するとともに、「自己実現の場」や「あそびや学びの場」として活用したい人と一緒になって様々な企画を実施し、鶴川エリアのプロモーションに寄与します。また、「都心から30分で出会える日本の原風景」という特性を生かし、訪日客にも気軽に日本の文化体験が出来る機会も作っていきます。

日時

2020年11月~2021年12月

場所

みんなの古民家(町田市能ヶ谷7-23-11)

求める協力

提案者からのメッセージ

鶴川の茅葺き古民家から日本の文化を発信する!の提案者 (3年目)

5月5日は定員を絞り、安全に十分配慮して「みんなの古民家寄席」を開催します!

今では珍しい茅葺(かやぶき)屋根の古民家。
ここは管理人である私が4歳まで暮らした実家であり、現在は両親が仕事場として使用しています。
それだけではもったいない。もっと多くの人にここの雰囲気を味わってほしいと思い「みんなの古民家」をオープンしました。
古きよき雰囲気を味わいながら、皆様に特別な時間を過ごしていただきたいと思っています。
2021年の第1弾として1月7日に行った新春落語会「小はぜといっぷく」は、新年の優しい日差しに恵まれ、終始ほのぼのとした会となりました。
5月5日のこどもの日には、「みんなの古民家寄席」を開催します。
イベントの概要は次のとおりです。
〇日時:2021年5月5日(水・祝)
午前の部(11:00~12:00):親子寄席 
午後の部(14:00~15:30):落語会「小はぜといっぷく」
〇定員:各回23名(椅子席16)
〇木戸銭:大人1500円、5才から中学生500円、通し(大人のみ)2500円
当日の内容や申し込み方法などはチラシをご覧ください。

➡︎みんなの古民家寄席(PDF 1.9MB)