文字サイズ:
 
事業種別
新規

みなさんの居場所『ぼくはぼく』 ~障がいを学ぶはじまりの場~

提案者
団体
ぼくはぼく応援団

作戦紹介

 障がい者にとって自宅でも職場でもない交流や楽しめる居心地の良い場所、介護者が悩みを相談でき息抜きができる場所、そして、団地住民や学生などの地域住民が気軽に集える場所として、鶴川団地センター名店街にあるカフェの空き時間を使って、様々な人が集い、寛げて楽しめ、また障がいを学ぶこともできる飲食店兼コミュニティースペースをつくります。
 地域住民と障がい者との交流によって、障がいへの理解を深め、共生社会の実現を目指します。

日時

2021年5月~2021年12月

場所

鶴川団地センター名店街の店舗

求める協力

提案者からのメッセージ

「みなさんの居場所『ぼくはぼく』 ~障がいを学ぶはじまりの場~」の提案者

緊急事態宣言解除に伴い、10月から「ぼくはぼく」を再開します!

お互いの個性を認め、様々な人が集えるみなさんの居場所『ぼくはぼく』ができましました!
『ぼくはぼく』のテーマソングも、シンガーソングライターのうまけんさんに作っていただきました。
そんな『ぼくはぼく』では、飲食・カラオケ・ワークショップ・イベントといった事業を展開し、集った人が寛げて楽しめ、また障がいを学ぶこともできるようにしています。
(当面は、お酒の提供やカラオケは自粛します。)
『ぼくはぼく』という居場所を通じて、自分は自分でいいんだよと気軽に思えるような社会の実現を目指しています。

そんなみなさんの居場所『ぼくはぼく』は7月2日(金)にオープンし、4日までの3日間、小さなお子さんやハンディのある方も沢山訪れてくれました。
開店当日に町田市地域活動サポートオフィスが訪問してくださり、その時の様子を記事にまとめてくれました。
https://machida-support.or.jp/report/visit/report20210702/

みなさんの居場所『ぼくはぼく』は週末の金・土・日の17時半から20時の予定で開店します。ぜひ、気軽に立ち寄ってください!

「ぼくはぼく」オープン時の様子
「ぼくはぼく」オープン時の様子