文字サイズ:
 
事業種別
新規

竹あかりの街”あいはら”

提案者
相原にぎわい創生プロジェクト

作戦紹介

 さがまちコンソーシアムの取り組み「相原魅力づくりコンテスト」で学生が提案したコンセプトを活かし、相原地域に多く自生する竹を用いて“竹灯籠をはじめとする竹のオブジェを、相原に関わり合いのある美術系大学生を含む地域の人々の共同作業で製作し、JR相原駅をはじめとして人の目に触れる各所に設置し、明りを灯します。これにより、地域住民や相原を訪れる人々に『竹あかりの街”あいはら” 』を印象付け、独自性のある賑わいつなげ、地域の活性化を図ります。

日時

2018年11月から

場所

当初は、相原駅周辺及び相原中央公園

求める協力

提案者からのメッセージ

製作中の竹のオブジェ

竹あかりの取り組みを、鶴川(10/4,5)と町田(10/14)で行います!

3月30日に始まった「竹あかり」の取り組みは、地域の方にとても好評で当初予定を約1ヶ月延長して実施しました。
この活動のすそ野が地域で広がりをみせ、先日は相原小学校の5年生の授業で、竹に関する学習と竹伐採の実習を行いました。3学期には竹灯籠の製作も計画中です。

そして、この「竹あかり」の魅力を気に入ってくれた他の○ごと大作戦からのオファーを受け、コラボレーション企画として7月には小山地域の三ツ目山公園で、9月には町田駅のペデストリアンデッキ下で点灯しました。
10月には、4、5日に行われる「鶴川OMOTENASHI祭り」と、14日に町田パリオで行われる「竹のわっ!」に「相原の竹あかり」が出張し、イベントを盛り上げながら、相原の魅力を伝えていきます!

相原小学校での授業の様子
相原小学校での授業の様子

竹伐採の実習の様子
竹伐採の実習の様子

竹伐採の実習の様子
竹伐採の実習の様子