文字サイズ:
作戦レポート

グリーンフィールドオータムフェスティバル 野津田公園で地域、団体、企業が初の複合型イベント

 まちだ○ごと大作戦の野外型イベント「グリーンフィールドオータムフェスティバル with Volkswagen Tokyo Machida」が2018年9月23日、町田市野津田町の市立野津田公園で開かれました。晴れ渡る秋空の下、地域、団体、企業が連携して実施した同公園で初の複合型イベントに、市内外から多くの来場者が訪れました。

 このイベントは、お台場や辻堂で行っていたカーショーのイベント主催者が新たな開催場所を探していたところ、公園の新たな賑わいを模索していた野津田公園の指定管理者とコンセプトが一致し実施する初めての取り組みになります。

「キヤノンイーグルス」のラグビー教室
「キヤノンイーグルス」のラグビー教室

 陸上競技場内の普段立ち入ることが制限されている天然芝ピッチでは、町田市をホームタウンにするサッカーチーム「FC町田ゼルビア」のサッカー教室や、ラグビートップリーグに所属する「キヤノンイーグルス」のラグビー教室をはじめ、リズム体操やヨガが実施されたほか、トラック上ではスポーツクライミング、スピードボールやユニカールといったニュースポーツなどお年寄りから子どもまで楽しめるさまざまなスポーツ体験コーナーがあり、さらに、この日のために設けられたステージでは、市内で活躍するアーティストによるライブステージも繰り広げられました。

新旧フォルクワーゲンが集結するカーショー
新旧フォルクワーゲンが集結するカーショーの様子

 一方、公園部分では、全国からドイツの新旧フォルクワーゲンの名車が集結するカーショーを中心に、町田産の食材を楽しめるフードコーナー、フリーマーケットが出展。町田消防署によるはしご車乗車体験や防災食を提供する「救済食堂」など、さまざまな楽しみ方ができるイベントが開催されました。

フードコーナーで、笑顔で話す石阪丈一町田市長
フードコーナーで、笑顔で話す石阪丈一町田市長

 企業が主体となり、地域や団体と連携した「まちだ○ごと大作戦」ならではの取り組みに、石阪丈一市長は「○ごと大作戦では、企業と地域、団体がつながって、市役所がバックアップすることで安心感を持ってもらえるようにしたい。今回のような大きなイベントが行われることで、『○ごと大作戦って楽しそう』というイメージを持ってもらい、事務局が困るぐらい多くのアイデアが集まってほしい」と笑顔で話しました。

ステージイベントを企画した「まほろ座」の佐々木良さん
ステージイベントを企画した「まほろ座」の佐々木良さん

 ステージイベントを企画した「まほろ座」の通称“必殺仕掛人”で、バンド「キンモクセイ」のギターの佐々木良さんは「プロからアマチュアまで町田に根付いたアーティストに参加してもらいました。自然に恵まれた環境の中で、スポーツ体験などさまざまな企画と一緒にステージができるのはとてもいいと感じました。○ごと大作戦でも『音楽フェスをやりたい』というアイデアがたくさん出されていますので、こうしたイベントをきっかけにみんなで手をつないで一つになれるといいですね」と語りました。

イベントの実行委員長を務める「スポーツパークパートナーズまちだ」の石川宏幸・所長代理
イベントの実行委員長を務める「スポーツパークパートナーズまちだ」の石川宏幸・所長代理

 イベントの実行委員長を務める野津田公園指定管理者「スポーツパークパートナーズまちだ」の石川宏幸・所長代理は「これまでの野津田公園といえば、サッカーJ2やラグビートップリーグなどのスポーツイベントだけでしたが、フォルクスワーゲンのイベントが会場を変えて野津田公園で開催ということをきっかけに、市内最大の公園の魅力を多くの方に知っていただこうと、初めての複合型イベントを開催しました。○ごと大作戦ということで、企業や地域の方々、スポーツチームも快く協力していただけました。唯一心配だった天候もよく、素晴らしいイベントとなりました」と手応えを感じていました。

 参加者からは「お祭り気分で見て歩けた」「とても賑やかで楽しかったので、毎年続けてほしい」「緑豊かな場所でのイベントで楽しく、子どもが喜んでいました」などの声が多数寄せられました。

天然芝ピッチでサッカー教室が行われ中、セッテイング中のステージ
天然芝ピッチでサッカー教室が行われる中、セッテイング中のステージ
会場に置かれた町田消防署のはしご車
会場に置かれた町田消防署のはしご車
会場内に特別設置されたオートキャンプ場
会場内に特別設置されたオートキャンプ場

▶︎関連作戦:グリーンフィールドオータムフェスティバル with Volkswagen

当日の様子を伝えたTweet

最新記事

アーカイブ