文字サイズ:
 
事業種別
新規

町田まるごと食のバリアフリー! ~成分表示と多言語メニューで、誰もが選べる食を提供しよう~

提案者
団体
食のバリアフリー推進協議会

作戦紹介

 私たちは「食から始める地域活性。食から始まる多文化共生。みんな一緒に、おいしい・楽しい!」をコンセプトに、町田における『食のバリアフリー』を推進します。その第一歩として、原材料(成分)表示とメニューなどの多言語化(主に英語)を広めていきます。これにより、食に制限のある訪日客と日本で住んでいながら困っている方々が、安心して食の選択ができるようになります。みんな一緒に笑顔で食卓を囲める未来を作りたい!

日時

2019年春頃スタート

場所

最初は中心市街地の飲食店や集客施設から

求める協力

提案者からのメッセージ

原材料(成分)表示とメニューの多言語化(主に英語)を、町田に広めたい!

 ワールドカップ、オリンピック、パラリンピックなどで日本を訪れる観光客の中には、ビーガンやベジタリアン、宗教上の制約、アレルギーなど、様々な食の制限がある方がいますが、町田ではまだ対応が進んでいません。
 この作戦では、国内外の様々な食の制限がある方が、自ら選び、一緒に食卓が囲めるような場や機会を作り出すことを目的としています。
 まずは、誰もが取り組みやすい「原材料(成分)表記」「メニューなどの多言語化(主に英語)」からスタート!
 どんなに魅力的なメニューも、お土産も、特産品も、食べたいけれど、食べられない人たちがいます。イベントやお祭りに欠かせない「食」も同様です。
 食が関係していれば、まるごと町田の、既存の作戦(団体・アイデア)との連携も容易。地域として食のバリアフリーに取り組む、初の事例になるかもしれません。
 一緒に取り組んでいただける、あるいは取り組みに興味がある店舗、団体、企業、教育機関などの皆さま、ぜひご連絡ください!